価値あるものは専門店で|財布のピンチを救う骨董品買取|スピードが命
婦人

財布のピンチを救う骨董品買取|スピードが命

価値あるものは専門店で

切手

額面を下回るもの

切手の価値は年々低迷していると言われており、額面を下回る価格で買取りが行われる事も少なくありません。額面というのは切手に記載されている金額であり、購入時に支払う金額になります。そもそも切手は郵便料金を前払いするという目的で購入するものであり、購入した後に郵便物に貼り付けてポストに投函すれば葉書であれば52円、封書であれば82円という金額で相手に郵便物を届けて貰う事が出来ます。但し、この金額というのは消費税の増税などに応じて金額が異なるのが特徴です。例えば、一昔前は50円という金額で葉書を送る事が出来ましたが、消費税が増税された事で52円という金額を支払っておかなければならなくなっているわけです。

郵便局でいつも購入出来る

郵便局に行けばいつでも購入出来るのが普通切手です。葉書や封書などに利用する場合には、52円や82円といった切手を購入する事で郵便料金の先納入を行っているという証明になります。尚、比較的新しい切手を専門店に持って行ったとしても、中には買取を断るお店もあります。これは市場の中に大量に現存しているためであり、買取りして貰ったとしても額面の半値以下という事もあります。しかし、チケットショップなどのお店の場合、額面よりも下回る金額で買取りとなりますが、それでも額面に対して50%や60%という金額で買取りをして貰えるため、売ることが出来ないわけではないのです。因みに、価値が在る切手などの場合は、逆に切手商などのお店に持ち込んだ方が高く売る事も出来ます。